日曜日, 11月 25 2018

日曜日, 11月 25 2018

和のあまみ

古川貴子のブログ、ヒプノセラピー/カウンセリング

最近いただいた愛らしい和のお菓子。やさしい甘さにこころがなごみます。

京都の金平糖・・・

このところ、金平糖にご縁があって少しまえにもいただきました。

お砂糖のシンプルな甘さにほのかな香りがついていて、「こんなにおいしかったんだ!」と金平糖再発見でした。(そうですよね!金平糖は宮内庁御用達の由緒正しいお引き菓子ですものね。)

ちょっと甘いものがほしいな〜というとき、数粒を口にふくんでいるとこころが満足します。和のキャンディですね。

会津の打ち菓子・・・

和三盆とそば粉のとっても上品な甘さの落雁。雅な姫が描かれた八角形の箱に入っています。

口のなかですっと溶けて、ふんわりとした甘さにほっとなごみます。

和紙にひとつづつ包まれていて、お花のよう。

出雲のお饅頭・・・

ご当地饅頭っていろいろありますが、この子たちは初対面です。

ドジョウ掬いスタイルがなんともかわいくて、なごみますね〜♡

なかは、おいしい白あんです。

チョコなどの舶来系のお菓子の甘味は自己主張が強いように感じますが、和のお菓子はひかえめでありながらしっかり癒し系の甘味です。

どれも、けっこう珈琲にあうのでした。ごちそうさまでした♡