水曜日, 12月 12 2018

水曜日, 12月 12 2018

気づきのぷちノート「幸せになろうとする努力よりも・・・」

私たちは日々、自分に足りないと思うところを見つけだしては、それらにつけ足すためにせっせと走りまわり、あっちをいじくり、こっちを立て直し ・・・ よりよい自分になろうと努力します。

しかし ・・・ そもそも「よりよい自分」っていったいなんなんでしょう? なにを目指しているんでしょう?

すでに「自分ではない」なにものかが、よりよい自分ってどういうこと??

それってもしかして、ほんとうの自分を否定して破壊する行為になってない??

私たちは、あるがままにリラックスして、そのままの自分でいることで、幸せを感じていいはず。そして、そのあるがままのほんとうの自分でいることでこそ、自分にとってのベストの現実を体験することができます。

だったら、幸せになろうと走りまわるよりも先に、自分に尋ねなければならないことがあるかもしれません。

それは、「なぜ、私はこのままの自分で幸せになってはいけないのだろう?」ということ。

幸せになろうとする以前に、すでに幸せがちゃんと保証されていて、

もしも、自分がその幸せを全力で阻んでいるとしたら ・・・ いったい何を思ってそんなことをしているのでしょう?

「幸せになったら、誰もかまってくれなくなる。愛されない」とか・・・

「幸せになったら、イジメにあうにちがいない」とか・・・

「幸せになったら、もうゲームオーバーな感じがして退屈。もっとドラマチック感がほしい」とか・・・

「幸せになったら、私を苦しめた誰かを反省させることができなくなる」とか・・・

「幸せになったら、親の教育方針にあわない(親はこの世界は甘くないといつも言っていた)」とか・・・

「幸せになったら、居心地が悪い(ずっと、ストレスを感じてきたから、幸せなんてむずむずする)」とか・・・

気づかないフリをしながらも、必ずこころのなにかにはなにか企みがあるのです。結局、シンプルに幸せであることよりも、自分のなかの考えのあれこれが好きで、そこにとどまっていたいのです。

つまり、ほんとうは意図的に幸せにならないことを選んでいる、ということ。・・・ でも、それはもう、過去の決意かもしれません。いつだって手放してかまわないのです。

そんな自分の過去の決意に気づくことができたとしたら、そもそも走りまわる努力なんていらなくなって、

たった今、このままで、安らぎ、幸せを感じるてもかまわない、と自分に許してあげることができるかもしれません。

まずは、自分のこころがやっているパターンに気づくことが大切なのですね。

 

 

「気づきの日記」バックナンバーはこちら: 古川 貴子 ヒプノセラピーカウンセリング

 

18-12-12 幸せになろうとする努力よりも・・・

私たちは日々、自分に足りないと思うところを見つけだしては、それらにつけ足すためにせっせと走りまわり、あっちをいじくり、こっちを立て直し ・・・ よりよい自分になろうと努力します。

しかし ・・・ そもそも「よりよい自分」っていったいなんなんでしょう? なにを目指しているんでしょう?

すでに「自分ではない」なにものかが、よりよい自分ってどういうこと??

それってもしかして、ほんとうの自分を否定して破壊する行為になってない??

私たちは、あるがままにリラックスして、そのままの自分でいることで、幸せを感じていいはず。そして、そのあるがままのほんとうの自分でいることでこそ、自分にとってのベストの現実を体験することができます。

だったら、幸せになろうと走りまわるよりも先に、自分に尋ねなければならないことがあるかもしれません。

それは、「なぜ、私はこのままの自分で幸せになってはいけないのだろう?」ということ。

幸せになろうとする以前に、すでに幸せがちゃんと保証されていて、

もしも、自分がその幸せを全力で阻んでいるとしたら ・・・ いったい何を思ってそんなことをしているのでしょう?

「幸せになったら、誰もかまってくれなくなる。愛されない」とか・・・

「幸せになったら、イジメにあうにちがいない」とか・・・

「幸せになったら、もうゲームオーバーな感じがして退屈。もっとドラマチック感がほしい」とか・・・

「幸せになったら、私を苦しめた誰かを反省させることができなくなる」とか・・・

「幸せになったら、親の教育方針にあわない(親はこの世界は甘くないといつも言っていた)」とか・・・

「幸せになったら、居心地が悪い(ずっと、ストレスを感じてきたから、幸せなんてむずむずする)」とか・・・

気づかないフリをしながらも、必ずこころのなにかにはなにか企みがあるのです。結局、シンプルに幸せであることよりも、自分のなかの考えのあれこれが好きで、そこにとどまっていたいのです。

つまり、ほんとうは意図的に幸せにならないことを選んでいる、ということ。・・・ でも、それはもう、過去の決意かもしれません。いつだって手放してかまわないのです。

そんな自分の過去の決意に気づくことができたとしたら、そもそも走りまわる努力なんていらなくなって、

たった今、このままで、安らぎ、幸せを感じるてもかまわない、と自分に許してあげることができるかもしれません。

まずは、自分のこころがやっているパターンに気づくことが大切なのですね。

 

 

「気づきの日記」バックナンバーはこちら: 古川 貴子 ヒプノセラピーカウンセリング