日曜日, 12月 6 2020

日曜日, 12月 6 2020

はたして??

古川貴子のブログ、ヒプノセラピー/カウンセリング

ナゾのプリングルス、いったい何のお味だったでしょうか?

口に入れたとたんに感じたのが旨味! 和風のお出汁も感じるけど、もっと強い味わい。

たぶんお肉だわ! 和風ステーキ??

もう一枚食べてみると、ちょっと炭焼きのような香ばしさ・・・ってことは焼き鳥?!

味って、タイトルがないとけっこうあいまいでわからなかったりします。

ゼリーに入っている角切りフルーツがなんだかわからなかったり、ポタージュスープになっている野菜がナゾだったり・・・。

でもね・・・最初から「これです!」と言われてしまうと、それをこえてありのままを味わうことができなくなっているようです。「うんうん!知ってる味と同じね!」で満足しちゃう。

むりやりステレオタイプの味にあてはめて、そこからはみ出ているオリジナリティは切りすててしまっているのかもしれません(知っているものしか体験できなくなりますよね〜)。

私たちだって、「日本人、○歳、女(男)、職業○○」。はい、わかりました、おしまい!なんて言われたくないものね(汗)。

なので、この子は、不思議味のままにしておきましょ(笑)。

香ばしくって旨味があっておいしいでした♪