furukawaさんのブログ

おうちタイム

古川貴子のブログ、ヒプノセラピー/カウンセリング

新型コロナの感染拡大で、ついに東京も来月6日まで「緊急事態宣言」が出ました。

このウィルス感染への解決策は、「人と距離をとること」。となれば、友だちと遊べない、仲間と集えない、みんなで学べない、仕事ができない、一緒に楽しめない、盛り上がれない ・・・・ 。

人と人が引き裂かれて、遠くなってゆくように思えるこの状況 ・・・ まさに、見捨てられっ子でわびしい一人ぽっちにしようと企むエゴのしわざ! エゴめ〜〜☆

でも不思議なことに ・・・ 平常な日々にくらべて、かえってこの状況のほうがいろいろな人との距離、つながり、コミュニケーションが、ずっと近い? さらに強い? と感じられます。

友人、知人と「大丈夫? なにか困ってない? 足りないものはない?」と声をかけあったり(足りなかったマスクやトイレットペーパー、除菌ティッシュが届いて、おやつのオマケまでついていたり)、

ご無沙汰している方々から「どうしてる?元気?」とふいにご機嫌うかがいの連絡がはいったり、

みんな家にいる時間が長くなっているので LINE でメッセージを送りあったり、ふだんは長話などしない友人とあれこれ電話でおしゃべりしちゃったり・・・忙しい日常にはできないコミュニケーションができているようです。

だから、離れるどころか、より近〜くなっている感じ♡

身体と身体は出会っていなくとも、こころとこころはより一層、思いやったり、励ましあったり、声をかけあったりと、つながりあったりして、暖かさや優しさ、勇気、喜び、嬉しさを伝えあっている気がします。

そして、身体と身体が出会っているときにはついうっかり見落としていたこと(感謝とか、大切に思っている気持ちとか・・・)が、あらためて見えてきたりします。

だから、いっけん悪くなっていくように見えようとも、私たちはどこか正気を取り戻しているようにも感じるのです。

もちろん経済的には大変困った状況ではあるけれど、おうちタイムがたくさん与えられたことで、人との絆を深めつつ、自分を見つめる時間がもてるのは悪くないかな〜、とも感じています。(こころのリセット!リセット!)

この時期にしかできないこと ・・・ ず〜っとやらなくちゃ、やりたい、できたらいいな・・・と感じていたことをいろいろやってみたいな〜。(断シャリ? 久しぶりにお菓子を作る? 読書? 見たかった映画やドラマ? ただただお昼ね? ボ〜〜〜〜っとほおける・・・)

「いったい、ここになにを見たいのか」という想いこそが、自分が受けとるもの、見るものを決めてくれるのでした。

じゃあ、災いなどではなく、贈りものをリクエストすることにいたしましょ! この一ヶ月でなにを受けとることをお願いしましょうかね〜? (^。^)

 

 

*******

ただいま【おうちで カウンセリング・ヒーリング 割引きキャンペーン】中!

新型コロナウィルスの影響で、おうちにいる時間が長くなりがちなこの頃。おうちタイムを活用して、カウンセリング・ヒーリングをお受けになってみませんか? →詳しくはこちらから

 

------

サイト上部 URLの部分に、「安全ではありません」という表示が出ている場合には、
URLを「http」から「https」に変更してご覧になってください。
(例 オフィス・るんサイト → https://www.office-lun.com )

 

 

気づきの日記「人の目を気にするよりも・・・」

 

「人の目が気になるし、人の気持ちにも左右されやすいのです」とAさん。「だから、こころが休まりません。いつも、これでいいのかな?間違っていないのかな?どう思われているのかな? と気になってしまうのです」と。

私たちは誰でも(たとえ、どんなに自信があるように見えるような方であっても)、

こころの深いところには「自分に対する不信感」が潜んでいるものです。(そうでなかったら、私たちはなにもする必要がなくなります。)

だから、誰でも「自分はなにものなのだろう?」「これでいいのか?」「正しくできているのか?」「間違っていないのか?」「はたして価値があるのだろうか?」と無意識のうちに問いかけています。

その結果として、「頑張る!」「努力する」「活動的になる」「自分をよくしなければ」「何かを変えよう!」とうまくいっている証明をしようと頑張ることになるのです。

そのとき、まわりにいる人こそが、これらの努力がちゃんと成果を出しているのかどうかをはかるモノサシとなるわけです。

彼らがヨイ反応を示してくれていれば、私は大丈夫なんだ!と。

だからこそ、うまくいってる? これでいい?と、まわりの人につねに気にして、承認を求めてしまうのです。

彼らが認めてくれれば、「ああ、自分の不足、不満足、足りなさがちゃんと補えているのだな〜」「努力が功を奏して、うまくごまかしがきいたのだな〜」(なんせ、最初から自分は足りないと決めていますから)と安心するわけです。

でも足りないものを必死で補い、認めてもらう、というのはある意味ではサギ的手口です(苦笑)。

だって、自分が好きでなないものの見栄えをちょっとばかりよくして、まんまと売りこんで、買ってくれたらしめしめと喜んでいるというようなものだからです。

自分こそが売りこんだ商品を信用していないのです。好きじゃないけれど、パッケージ、包装紙をなんとか見栄えよくしたら、あ〜ら!売れちゃった!やったぜ!、という感じです(笑)。

しかし、彼らが好きになってくれないと(でっちあげた自分を認めてくれないと)、やっぱりダメなのかと振りだしに戻ります。

(でも、彼らが認めないのは、彼らの勝手、あくまでも彼らの自己都合であって、ほんとうは私自身とはな〜〜〜〜んにも関係がないのです。しかし、それさえも自分と関係あると思ってしまうところが、すべての目線が自分の不足感だけに向いている、ということなのです。)

そもそもの大きな間違いは、

自分に対して自分が不信感をもってしまっていた、ということです。

自分のこころのなかで、「私ってなに?」「私ってどんな存在?」と、自分自身の価値について答えを求めた相手が、とんでもない詐欺師だったのです(それは、エゴとしての自分です)。

ほんとうのことを言うはずもなく、答えるこたえは、気落ちすることだけ、怖くなるようなことだけ、これっぽっちの愛もないツライ言葉なのです。

だったら、静かにして、こころを落ちつけて、ゆったりとした気分でもういちどちゃんと尋ねてみましょう。あるがままのほんとうの自分を知りたいと。自分の正しい価値を受けとりたい、ホンモノに答えを求めてみましょう。

宇宙は「求めた」からには、答えを与えてくれます。

あなたの正気であるハイヤーセルフに、ほんとうの自分を教えてほしいとお願いしましょう。

きっと、宇宙(神さま)は不良品や粗悪品はど創造していないのだ、ということを教えてくれることでしょう。そればかりか、自分がびっくりするような自己イメージを教えてもらえることになるでしょう。

でも、この答えは、「人」に頼っているときには受けとることはできません。方向が違うからです。ほんとうの自分に向かわなければなりません。

間違った自分像を正当化するために、賞賛、承認を他人から求める注意&愛情吸血鬼になるのをやめましょう。

正しい努力とは、人から認めてもらう、受け入れてもらうために払う努力ではなく、

自分ではない想い・イメージを自分のこころから一掃するために払う努力です。

正しくない想いさえこころのなかに存在しなければ、誰に対してもなにも要求する必要はないのです。

そうなれば、人の目線、反応から自由になることができます。

そのためには、こころに風をとおして、ほんとうの自分でない想い、愛でない想いはハイヤーセルフのごみ収集センターにお願いして一掃してしまいましょう。

 

 

「気づきの日記」バックナンバーはこちら: 古川 貴子 ヒプノセラピーカウンセリング

 

 

気づきの日記「みんなが幸せになる世直し」

 

「間違っていることを目にすると、世直ししたくなってしまうのです」とクライエントのAさん。

たとえば、マナー違反とか、常識はずれとか、ちゃんとできてないとか ・・・ そんなことを目にすると、正したい気持ちがムクムクするそうな。

しかし ・・・ 相手にしてみればそれをよしとしているからこそやっているわけで、指摘されてしまうと否定されたように感じてしまうことも。すると、その方とのあいだに摩擦が生じ、正した方も正された方もイライラします。

だれでも、「正される」のは好きではありません。

また、「正すべきものがある!」と常に感じているこころは安らぐことができません。「あなたは間違っているけれど、私は正しい」と、ある意味ケンカ状態なので平和はないのです。

「自分自身が幸せにならないことにこそ、幸せがあるように感じてしまう」というのはよくあることですが、それに一生懸命になってしまうと自分の首をしめてしまいます。

よかれと思ってやっている「世直し」は、どちらにとっても幸せはのぞめないのです。

それでは、みんなが幸せになる世直しとは・・・?

正しい世直しは、「オセロ方式」がオススメです。

クロい石をシロに変えたいとき・・・

クロい石を指さして、「きみはなんでクロなんだ!シロになるべきだろ!はやくシロくなってくれ!クロは見たくないんだ!」と腕をくんで責めたてても、クロい石はクロのままです。

シロにしたいときにはどうするかというと、

「そうだ!きみはシロだ!」ときめること。はじめに、そこにシロを見ること。

そして、優しく裏返してあげる。責めることなく、ただシロにしちゃえばよいのです。

それは、自分自身が「それはシロだ!」(そこの石はシロであるべき)という意志をもって、「裏返す」(積極的に自分がシロを見る)ということなのです。

シロい姿を、相手に与えてあげること。シロにしてあげること。

それは、「なぜクロいんだ!」と叫びつづけることとは違います。

一方、「なぜクロいんだ!」と責め立てると ・・・ クロだと認めたから、クロをより強めることになります。その結果、クロがパタパタとふえてゆきます。

それよりも ・・・「いま一瞬、すご〜〜くクロに(間違っているように)見えたけれど・・・私の見たいものはそれじゃない! 私が見たいのはシロ! だから、私が見たいシロい姿(何も間違っていない姿)をきみに見るよ」と、自分が見たいものだけを相手にとことん見ようとします。

私たちは、見たいものこそを目にします。シロなのだ!と最初に決めることで、ちゃんとシロに見えるのです。(ある意味、シロであるパラレルワールドを選ぶということです。)

そして、シロを選んだからこ、シロがパタパタふえてゆきます。

「与えるものこそ、受けとるもの」。

シロだと決めて、シロを見たから、シロを受けとる。つまり、相手もシロに見えるし、自分もシロに見えるのです。

「ほ〜ら!みんなシロなんだよ〜!」「だって、私にはシロであるあなたたちしか目に入らない」「あなたは、シロだね!」とシロを決めることで、決めたものを受けとり、目にするものはオセロのようにぱたぱたとシロにかわってゆくのです。

もちろん、い自分自身もまっシロ!

それだけ、わたしたちの想いにはちからがあるのですね。さきに与えて、受けとりましょう♡

 

 

「気づきの日記」バックナンバーはこちら: 古川 貴子 ヒプノセラピーカウンセリング

 

 

サクラは健在でした

古川貴子のブログ、ヒプノセラピー/カウンセリング

東京は外出自粛の週末となり、いつもはこの時期、身動きがとれないほど混みあう目黒川の桜並木も静かな佇まいでした。みなさまは、いかがお過ごしでしたか?

初夏に近い気温まで上がったかと思ったら、激しく突風が吹き荒れ、さらに雪にまで見舞われ、ちょうど咲きそろった桜にとっては三重苦でした。

もうすっかり散ってしまったかしら?と思っていたら、今朝、郵便局に行く途中でお花を楽しむことができました。まだまだキレイでした♡

お花見客はほとんどいません(週末、目黒区のアナウンスが流れていて、お花見の自粛をお願いされていたので)。それでも、お買い物途中の方たちが、足をとめてシャッターをきっていらっしゃいました。

コロナウィルスについて緊迫したニュースばかりが流れる毎日。やはり、お花を目にするとほっと安心いたします。

 

 

【おうちで カウンセリング・ヒーリング 割引きキャンペーン】

古川貴子のブログ、ヒプノセラピー/カウンセリング

新型コロナウィルスの影響で、おうちにいる時間が長くなりがちなこの頃。おうちタイムを活用して、カウンセリング・ヒーリングをお受けになってみませんか?

【メニュー/料金】

電話 セラピューティック カウンセリング ・・・  ¥18,000 → 16,000
(Face Time / Skype でも可能です)

遠隔リコネクティブヒーリング ・・・・・・・    ¥16,000→ 15,000

(対面セッションをご希望の場合でも、割引きは適応されます。)

 

【お申し込み方法】

こちらのフォームから、以下をお知らせください。
1、セッション名 (カウンセリング or リコネクティブヒーリング)
2、ご希望の日時
(3、対面をご希望の場合はお知らせください。)

フォームへ

 

【ご注意】

*それぞれのセラピーページには割引きの表示はございませんが、セラピーページからお申し込みをされた場合も割引きは適応されます。

*割引き実施期間は未定です。予告なく終了する場合もございます。

*対面セッションにおきましては、オフィス・るんではカウンセリングルーム、セッションルームの除菌や換気などを徹底して行っております。また、いずれのセラピー、カウンセリング、ヒーリングにおきましても、セラピストのマスク着用をこころがけると同時に、セッションをお受けになる方もマスク着用のままでお受けいただけます。尚、発熱やなんらかの症状がある方は、電話・遠隔セッションをご利用くださいますようお願い致します。

セラピューティックカウンセリングとは
リコネクティブヒーリングとは
お問い合わせ

 

 

***

サイト上部 URLの部分に、「安全ではありません」という表示が出ている場合には、
URLを「http」から「https」に変更してご覧になってください。
(例 オフィス・るんサイト → https://www.office-lun.com )

 

 

それって、プロレス技のこと?

古川貴子のブログ、ヒプノセラピー/カウンセリング

コロナウィルスの影響で、二月からのばしのばしになっていた会食。

延長をお願いしたお店の割引クーポンもついに期限がきれてしまうので、意を決してお食事会を決行することに。

ガラガラなお店に、まずひと安心。そして、それぞれがマスク姿で登場し、「すぐ手を洗ってきたほうがいいよ!」とか、「少し離れて坐る?」とか、「とり箸使おう!」とか、いろいろ気づかっておりました。

ゴハンを食べながら、「昨日の小池さんの発言にあったロックダウンとかオーバーシュートって、なんだかプロレスの技かバスケ用語にしか聞こえないよね〜」と笑っていたら、ちょうど小池さんの緊急会見がはじまる時間に。

「昨日も話したのに、いったい何の会見? もしや、ロックダウンとかいうプロレス技をついに繰りだすの?!」と、ドキドキしながらみんなでライブ映像を見ました。

プロレス技はまぬがれましたが、夜の外出やお食事会の自粛が含まれていたので今夜終了できてよかった!

ほんとうに、ひどく広がらないうちにガッチリ食い止めたいものですよね。

今夜はお野菜たっぷりの薬膳火鍋で免疫力アップ!

「60度以上で菌は死ぬらしいから、お鍋は直箸でいいね」とどんどんゆるくなり、「帰ったら、酔っ払っていて手を洗うの忘れちゃうかも〜」と笑っおりました。

火鍋とおいしいお料理で元気になったけれど、やっぱりたくさんお喋りして涙がでるほど大笑いして、これこそがいちばんの健康の秘訣です。

 

 

 

パクチー、ラヴ♡

古川貴子のブログ、ヒプノセラピー/カウンセリング

お友だちがセラピーに来てくださったので、その後ご一緒にランチへ! @IVY PLACE 代官山

いつもだと外国人観光客で混みあうお店ですが、コロナの影響で席があいていました。

数あるメニューのなかから本日いただいたのは、コリアンダーとアボカドのピザ。

ピタパンのような四角い生地はカリカリで香ばしくて、そこにクリームチーズ、生のアボカドとコリアンダーがたっぷり。オリーヴオイルとクミンのようなカレーの香りがするエスニック風のピザです。

その昔、タイに行ったときにはじめてコリアンダー(パクチー)を食べて、驚愕! なにっ?! このまずい葉っぱは?!

吐きだしてしまうぐらいひどい拒絶反応で、タイにいるあいだはどのお料理にもパクチーが入っているので、もうゴウモン! 逃げ帰りたい気分だったのです。

でも、いつのまにか食べられるようになっていて、今や大好物。(変わるものですね〜・汗)

タイやベトナムレストランに行くとテーブルの上にパクチーがいけてありますが、全部食べてしまいます。(あ、テーブルフラワーではありませんよ〜!お薬味用でいけてあるものです。)

だから、このピザはとってもお気に入りでした。すでにリピートしたいぐらい♡

アボカドやクリームチーズともとてもよくあって、オープンサンンドでならおうちで簡単に作れそうです。

ガーリック風味のお豆のティップもなかなか。

お友だちはビールをおともに味わっておりましたが、こんな春うららなあたたかな日にはテラス席でお食事も気持ちよさそうでした。

 

 

届きました!お気に入りの紅茶

古川貴子のブログ、ヒプノセラピー/カウンセリング

お友だちがドイツの知り合いに頼んでくださった紅茶が届きました!

はやっ! それも、ふたつも!

ロンネフェルトのアイリッシュ モルト。これは私のお気に入りです♡

アイリッシュウイスキーが香る紅茶なのです。

先日、ホテルのラウンジのメニューにあったので味わってきたばかりなので、もう少しとっておこうかな〜と思いつつも、パッケージから漂う甘い香りに誘われておもわず開けてしまいました。

いつもはマグですが、はるばるドイツからお越しくださったので、敬意を表してティーカップで。

上手にいれられたかな〜?

あ〜〜♡ これこれ〜! カカオの香り、はずしませぬ。

ゆっくりじっくりいただきたくなります。

スコーンでも焼いて、おうちアフタヌーンティーしようかな〜?

 

 

気づきの日記「ミートボールがお好き?」

 

私たちは、自分自身のことを一個のミートボールだと信じています。

ミートボールは、いつなんどきでも簡単につぶれてペッタンコになりうるし、なんかの拍子に転がりだしたらあっちにぶつかりこっちにぶつかり自分では制御不能。他のミートボールとも激突します。

なによりも、賞味期限が限られていて一過性です。

さらに、ミートボールは個体なので光がさしこむことがなく、光を受けとれません。

光とはハイヤーセルフからのインスピレーション、幸せのための導きです。

導きを受けつけないミートボールは孤独なのです。だから、ひどく怖がりで、いろいろなものごとに怯えます。

悪いことに、怖れを感じるとミートボールはさらに固くちぢこまってしまい、孤立します。

ミートボールに救いはありません・・・(汗)。

そんなミートボールにとって唯一の朗報は、選択肢がある、ということです。

ミートボールでいなくてもよいという選択肢です。

ミートボールは、自分は「ミートボール」でいるのか、それともハイヤーセルフがもたらす光と同じ「光(スピリット)」でいるのか、自由に選べるということです。

ミートボールは孤立していて何ももっていませんが、スピリットである光はその源とひとつなのですべてです。

個体ではないので、何ものとも衝突することもなく、摩擦がないので破壊されることもありません。怖れるものがなく、まったく微動だにしません。

自分はミートボールであると信じていれば、ミートボールとしての一生をすごしますが、

スピリットなのだと選び直すことによって、ミートボールから解放されます。

そして、ミートボールが切り捨てたすべてとひとつになります。(ミートボールは「私はミートボールだ!」と自覚した時点で、一個のミートボール以外の宇宙のすべてを投げ捨てたのでした。)

ミートボール、スピリット、どちらでもお好きに♪

でも残念ながら、どちらか一方はニセモノです。どちらかは、存在しないのです。あしからず・・・。

なぜなら、それは源とのつながりがなく、エネルギーの供給がないからです。電源とつながっていないのです。

だから、一見うまくいっているように見えつつも、結局はすべてが消えさって、無に帰してしまうのです。

でも大丈夫! 私はコレじゃない! と気づけば、電源がもどってきますよ〜!

PS. ミートボールさんとスピリットさんにそれぞれインタビューしてみました。

同じ世界を見ているようで、ひっくりかえるほど目に映るものは違うようです。

ミートボールさんは、危険なゾンビが徘徊する奈落にお住まいで (|||❛︵❛.)

スピリットさんは愛にあふれた天使さんたちと楽土にいらっしゃるようでした  (๑❛ᴗ❛๑)

 

 

「気づきの日記」バックナンバーはこちら: 古川 貴子 ヒプノセラピーカウンセリング

 

ひとあし早い、サクラづくし

古川貴子のブログ、ヒプノセラピー/カウンセリング

目黒川の桜のつぼみを見てみると、すでにふっくら。

予報どおり、かなり早く開花がやってきそう ・・・ と期待していたら、きょうは冬にもどったような冷たい雨です。今、お友だちから「ボタン雪がふってる!」というメッセージが。あらら・・・。

昨日はかなり暖かで、ひとあし早くお花見ができました @カメリアの丘こと椿山荘。

お庭の桜が満開です。

木々もうっすらとオリーヴ色で、新緑も間近ですね。

しばらく延期にしていたアフタヌーンティーをいただいてきました。桜づくしです。

桜が描かれたマカロンには、白あん、あずき、桜の塩漬けなどが使ってあり、和の風味が紅茶にとてもあいます。

季節のスコーンも、よもぎと桜。クロテッドクリームもあずきでした。セイボリーも、アスパラやタケノコという季節のお味で春いっぱいです。

こちらは、さくらのミルクティー。緑茶と紅茶のブレンドに桜の葉っぱの香りで、とてもさっぱり。桜もちのような香りが楽しめました。

コロナ騒ぎでホテルのラウンジはガラガラかしら?と思いきや、たくさん方がいらっしゃいました。あちこちに配置してある消毒スプレーはもちろん、喚起やら、テープルの感覚がゆったりしていたり ・・・ と、いろいろな気遣いが感じられました。

みなさま、大切な行事が多いこの季節。気をつけつつも、たくさんすてきな思い出をつくることができますように♡