furukawaさんのブログ

お茶の間シネマトーク「羊と鋼の森」

古川貴子のブログ、ヒプノセラピー/カウンセリング

豊かな森と山に囲まれて育った少年は、ひとつの出会いによって心をうばわれ、羊と鋼という森に迷いこんでゆきます。そこは、こころをとりこにする場所でありながらも思いのほか深い森で、何度も自分を見失いそうになるのです。

これは、ある高校の男子学生が学校にやってきたピアノの調律師との出会いをとおして、空虚だった日々に光を見出してゆくお話。

彼はその調律師のピアノの音に、森の木々の光景、ゆれる音、わきたつ匂いを感じたのです。そして、ピアノ調律師という未知の世界に足をふみいれる決意をします。それは88もの鍵盤のうしろに広がる、フェルトに包まれたハンマーと鋼で作られたピアノ線という森に向きあう日々。

どのような音がよい音なのか、正解の音なのか、向きあえば向きあうほどわからなくなります。

彼の憧れの調律師は、自分がいつもこころに抱いている原民喜という詩人のことばを彼に伝えます。

「明るく静かに澄んで懐しい文体、
少しは甘えてゐるやうでありながら、きびしく深いものを湛へてゐる文体、
夢のやうに美しいが現実のやうにたしかな文体……私はこんな文体に憧れてゐる。
だが結局、文体はそれをつくりだす心の反映でしかないのだらう。」

自分に才能があったなら ・・・、自分に奇跡の指と耳があったなら・・・
そう悩む彼に、先輩は「才能とはそういうものじゃない。それは、ものすごく好きだという気持ち、あきらめない執念なんだ」と。

ある日、彼の実家のおばあちゃんが亡くなったとき、彼はずっと自分のことを信じていてくれた人がいたことをはじめて知ります。「あの子は、森で迷ってもきっと大丈夫! ・・・ いつも戻って来るから」とおばあちゃんはいつも言っていたと。

ピアノの音ひとつひとつがこんなに深くて美しかったのだ、ということにあらためて気づかせてくれた美しい作品でした。

誰もが人生のなかで感じる、自信のなさ、これでよかったのかという不安、自問自答 ・・・ そんな気持ちをやさしく励ましてくれるようでもありました。

涙壷度: ★★★★☆
(掃除ができないから調律をキャンセルしてしまうお客さんがいて ・・・ ピアノがある場所は、ある意味その人にとっての聖域でもあるのだなあと感じます。そして、そこはたった一人で、いろいろな思いをかかえながら音を紡ぐ場所です。ピアノと向かいあう、さまざまなドラマに涙しました。)

私もこどもの頃は毎日、ピアノと向き合う日々でした。なので、うちにも定期的に調律師さんが来ていたのですが、

植木屋さんとか左官屋さんがくると、母はおやつに日本茶と大福などをお出ししていたのですが、ピアノの調律師さんのときにかぎっては、なぜかココア☆ それも、インスタントのココアではなく、ちゃんと煮て作るココア(インスタントがなかったので!)。

調律師さんの不思議なお仕事を、遠まきに(こころはかぶりつきで)じっと眺めているのが好きでした。その光景には必ずココアが浮かんできます(ああ、ココアが飲みたい!笑)。

 

 

リンゴ味?!

古川貴子のブログ、ヒプノセラピー/カウンセリング

お友だちからのハロウィンのお菓子です♪(イタズラしないように!? 笑)

「リンゴ味」なんて珍しいからと、わざわざおすそわけで送ってくださいました♪

おお!リンゴ味のばかうけ? ・・・ いったいどんなでしょ?

さっそくいただいてみました。

あ、たしかにリンゴです! ほのかに酸味と甘味があって、でもちゃんとばかうけ風味。

ハロウィンなのに、カボチャじゃなくってリンゴなの?と思っていたら ・・・ 「魔女のいたずら リンゴ味」と書いてあります ・・・ ってことは、魔女さん、まさかの毒リンゴですか!?笑笑

 

*  *  *  *  * 


【 秋のセラピー割引キャンペーン 11/2〜11/10 】
期間中、各種セラピー・ヒーリングが割引きでお受けになれます。
セラピーって興味があるけど、時間がとれず一歩をふみだせなかった方! こころやからだをリフレッシュたいとお考えの方! この機会に是非ご利用ください。
詳しくはこちらから。

 

 

【 秋のセラピー割引キャンペーン 11/2〜11/10 】

古川貴子のブログ、ヒプノセラピー/カウンセリング

期間中、各種セラピー・ヒーリングが割引きでお受けになれます。

セラピーって興味があるけど、時間がとれず一歩をふみだせなかった方! こころやからだをリフレッシュたいとお考えの方! この機会にお越しになってみてください。

【割引料金】

*受講コース相談カウンセリング ・・・    ¥5,000 → ¥3,000

*ヒプノセラピー1クール ・・・      ¥74,000 → ¥70,000
*ヒプノセラピー1セッション ・・・    ¥30,000 → ¥25,000
*ヒプノ リピーターセッション ・・・    ¥20,000 → ¥16,000

*セラピューティックカウンセリング ・・・ ¥18,000 → ¥15,000

*リコネクティブ ヒーリング
(3回) ・・・ ¥46,000 → ¥43,000
*リコネクティブ ヒーリング(1回) ・・・ ¥16,000 → ¥15,000

 

【キャンペーン期間】 

11月2日(土)〜11月10日(日)

*割引は、上記の期間内にセッションをお受けになる方に適応されます。
(複数回のセッションにつきましては、期間中にすべてをお受けになる必要はありません。)
*セッション枠がうまりしだい、終了とさせていただきますのでご了承ください。

 

【お申し込み方法】

それぞれのセラピーページのお申し込みフォームからお申し込みください。
(セラピーページにはキャンペーン割引の表記はございませんが、割引は適応されます。)

受講コース相談カウンセリング
ヒプノセラピー
リコネクティブ ヒーリング
お問い合わせ

 

 

お茶の間シネマトーク「ファースト・マン」

古川貴子のブログ、ヒプノセラピー/カウンセリング

アポロ11号の月面着陸といえば・・・ 世界中で5億人もの人たちが固唾を飲んで見守った一大イベント。

着陸成功という場面だけにスポットライトをあてれば華やかな偉業ですが、そこに至るまでのプロセスというものがあります。

ライト兄弟がたった37mの有人動力飛行に成功したのが、その60余年まえのこと。あっというまに空を突き抜け、地球を横目に、月に降り立つ、というスゴ技を誰が想像できたことでしょう? NASAはだ捕した宇宙人から、なにか秘密を聞きだしたのでしょうか?(笑)

この「ファースト・マン」は、アポロ11号の船長 ニール・アームストロングがプロジェクトに志願して、ミッションを遂行するまでの苦難の数年間を描いたもの。

半世紀まえといえば、まだコンピューターも今ほど計算能力もキャパも速さもない時代。不測の事態が起これば、カリカリと必死に手で計算するしまつ。すてべが未知で手探りで命がけです。

そして、想定されるありとあらゆることに対する過酷な訓練(これは見ているだけで具合が悪くなりそう・・・汗)。訓練飛行やテストのたびに、仲間が命をおとしてゆく日々・・・。

プロジェクトに携わるニールのみならず、家族も混乱状態。「彼と結婚したとき、こんな生活など想像していなかった・・・」と奥さんのジャネット。

着用するだけで息苦しい宇宙服を身につけて、人がようやく納まる小さなコックピットに押しこまれ、まるで囚われたように外からガシャンとロックされ(これだけでも誰もがパニック発作を起こしそうです)、やがておそろしい爆音と震動とともに未知なる暗闇へと投げ出されてゆきます(およそ人間が体験する行為ではありませぬ!汗)。

映し出されるのは、ヘルメットのなかのニールの目の表情とコックピットの小さな窓にうつる空と宇宙、そしてヘルメットの中の呼吸の音、ロケットエンジンの轟音やら振動音 ・・・ 是非、ニールとともに宇宙飛行士になっちゃってください。

アポロ11号が無事に帰還し、世界中がわくなか、ニールとジャネットの再会は  ・・・ 「おめでとう!」でもなければ、「やったね!」でもないのでした。

また違った目線で、この月面着陸という大イベントを感じることができる作品です。

PS ロケットが大気圏に突入して、まるで爆発しそうな火の玉のようになって疾走し、ようやく静けさに達する様子って ・・・

私たちがエゴという制限を越えて、真の自分を目指すときに体験することとよく似ています。エゴが武装するためにかき集めたあれこれが焼き尽くされるような激しさ(ほんとうは握りしめているから激しく感じるのでしょうけれど・・・)、それはまさに大気圏突入状態。

自分だと信じていたものから自由になろうとするときに感じる怖れも、アポロの大気圏突入のようにただ正面から突き進むことで、そこを尽きぬけ、静寂に達することができるのでしょうね。

 

ピンク缶とチューブ

古川貴子のブログ、ヒプノセラピー/カウンセリング

お友だちに可愛いピンクの缶をいただきました。

キャンディかしらん?? と思って開けてみると・・・

チューブがずらり。ハンドクリームでした〜。

これからの季節、気温とともに湿度も急降下。これ、たいせつ、たいせつ!

いつも手元においておけるミニサイズがよいですよね。

ソープの香りにローズに・・・。書きものしているときに、いい香りがすると癒されます。ありがとうございます♡

 

気づきの日記「あるがまま、ってどういうこと?」

Q: よく、「あるがまま」にものごとを見る、という言葉を耳にしますが、いまひとつピンときません。なにが「あるがまま」なのでしょうか?

A: 「あるがまま」に見ましょう!と言うとき、私たちはそれがまったくできていませんよ〜、という意味でもあります。

じゃあ、「あるがままに見ていない」私たちの日常の目線とはどのようなものなのでしょうか?

たとえば、テーブルのうえのカップ。それは、ただのそれ、「あるがまま」なのですが、

「あるがまま」がカップというものになるのは、過去に学んだたくさんの情報によります。

お母さんがそれにミルクを入れて「きょうから哺乳瓶でなくてカップにしましょうね」と言ったとか、絵本のなかにそれが描かれていて「カップ」と横に書いてあり、それでなにかを飲んでいる絵があったかもしれません。

すると、カップって液体を入れるんだ、端にくちをつけて飲むんだ、こうやって使うんだ ・・・ とさまざまことを学んでそれを理解したと感じます。


でも、それの正体は、ただそれです。まっさらなそれ、です。カップはあとからつけられたものです。そして、カップ自身はカップとしての運命からのがれられなくなってしまいました。

そんなふうに、すべての解釈は学ばれたものです。それはモノだけでなく、人に対する接し方やら、目に見えない相手のこころを推察することまで含めて・・・。

でも、この過去に学ばれた情報を毎度々々あてはめることで、じつはまったく同じパターンから出られなくなっているのです(カップの運命と同じです)。自分の知っている狭い世界にしか住めなくなってしまいます。ぜんぶ自分の限られた解釈によって、それらを制限してしまったからです。

過去に学んだことをあてはめつづけるということは、たった今起きているまったく新しいはじめての出来事も、ぜんぶ過去の色合いにそめあげて、まったく同じ出来事だときめて、決着をつける、安心するということです。

過去に自分がいたずらをしたり、なにかうまくできないときに、母が口をきいてくれなくなったとします。そうすると、大人になって「人が自分に口をきいてくれない」のを目にすると、私がなにかいけないことをした、私が間違っていたに違いない、と同じ思考を使って、同じ反応をしてしまうことになります。

でも実際は、お母さんにしろ、その人にしろ、口をきかないのは、いやなことがあったのかもしれないし、体調が悪かったのかもしれないし、何か思い悩んでいたのかもしれません。

過去のパターンを使わなければ、「どうしたの?大丈夫?」と思いやりの声をかけることができたかもしれません。過去のパターンを使ってしまえば、責められていると感じて、その人を恐れることになるかもしれません。

そうすると、自分と相手という二人の問題のある人を作ってしまいます。過去のパターンを使わなければ、二人のハッピーな人がそこにいるかもしれません。

結局、自分を怖がらせるのも、イヤな気持ちにさせるのも、不安にさせるのも、ぜんぶ自分のものごとに対する「解釈」なのです。それは、過去に学んだ意味です。

自分の「解釈」=「想い」が自分自身に災いしているのであれば、自分の考えに慎重になる必要があります。

自分がざわざわする、イライラする、穏やかでないときには、その直前にものごとを間違って解釈して、それを「あるがまま」に見ることができなかった、ということです。

だから、「あるがままに見る」というのは、自分の解釈をいっさい加えずに見る、ものごとに対して判断しない、言葉を一切発しない、あれこれ加えずに見る、ということなのです。

「え? そうなると、それに対してどうしたらいいのかわからなくなりますよね?」

はい、それを教えてくれるのは自分ではなくって、ハイヤーセルフのお仕事です。

自分で意味をつけようとせず、「ハイヤーセルフ、これはなんでしょうか?」と尋ねると、正しい解釈がこころにポトンと落ちてきます。それは、おそらく今までのパターンを破る解釈です。

私たちは「ものごとに対して何も解釈できない人は、おバカだ」と信じているところがあって、せっせとジャッジすることをやりつづけます。それこそが賢いと信じています。

なぜなら、学校でいつも意見や感想を求められて、答えられないと恥ずかしい思いをしてきたからです。意見もなく、解釈ができないなんて、おバカだわ!と。

でも、今、自分のうまくいっていないパターンから脱するためには、なにごとに対しても「これが何なのかわからな〜い!」というおバカさんちっくになってみることが大切なのです。

そうすると、そのあいたスペースに叡智がこたえを与えてくれます。

そして自分の絶えまない解釈がなくなると、「あ〜〜、なんて穏やかなんだろう」という安らぎを感じることができます。

なにも特別なことをしなくっても、すぐに幸せな気分になることができます。そして、消費電力を決定的に減らすことができるので、エネルギーを解釈すること以外に使うことができます(わたしたちはショートしっぱなしだったのですね☆)。

なので、自分を幸せにしてくれない絶えまない「ものごとへの解釈」を手放して、新しい考えが入ってこられるようにすべてを「あるがまま」にいたしましょう。

そこにやってくる新たなる考えは、まったく今までとは違った人生のパターンへと招いていってくれます。え〜〜☆ これって、こういう意味だったの? とびっくりすることもあるかもしれません。

そしてきっと、「恐れるものは何もないのですよ」と教えられ、「あなたは守られているから、さあ胸をはって安心して行きましょう!」という、安らかな励ましにいつも支えられているのを感じられるようになることでしょう♡

 

 

「気づきの日記」バックナンバーはこちら: 古川 貴子 ヒプノセラピーカウンセリング

 

ウラ ケーキ屋さん

古川貴子のブログ、ヒプノセラピー/カウンセリング

先日、学大にお住まいのNさんとお話ししていたときのこと。

「マッターホーンのバームクーヘンが好で、それを買いに学大に行くけど・・・ 最近は予約しないと買えなくなっちゃって・・・」と私。

「予約でもなかなか難しいみたいですよ。バームクーヘンの切り落とし、売ってるの知ってます?」とNさん。「切り落とし?!」

切り落としとは、まさに正規品のはしっこやら不揃い品のこと。それをこのお店の製菓材料店のほうで販売しているらしく、結構人気だそうな(そうですよね!バームクーヘン、お店じゃ手に入らないもの)。

列ができるほどで、11:00 の開店で売り切れちゃうとか。

行ってみたいけど、私にとって11:00 ってなかなかむずかしい時間帯。お休みの日に行ってみようかな〜?

・・・ということで、某休日、開店まえに行ってみました。

あら!もう8人も待ってる! 列はどんどん長くなります。みなさん常連さんみたいで、並び方を教えてくださいました。

おじいちゃん、おばあちゃんの三人組はそれぞれ違うのを買って、あとで分けるらしいのです。いいな〜、三人でお茶しているのね♪

そういえば、Nさんがバームクーヘンの他に、昔からあるチョコレートケーキが有名と言われていましたっけ。たしか、悪魔の子みたいな名前の・・・。

で、開店してお店に入り、私の番になって「バームクーヘンください」と言うはずだったのになぜか、「ダ、ダ、ダミ・・・(ダミアン??)」と口にしている私。

「あ、ダミエね!」とお店の方にさっさとチョコレートケーキを手渡され ・・・ バームクーヘンを買いにきたのに(汗)、どうやらきょうはこれを食べることになっているらしい(笑)。

ダミアン、いえ、ダミエは、330円。一つ分ぐらいのお値段です。ほんとは、バームクーヘン好きの友人にも一袋買いたかったけど、なんせ、おひとりさま一つに限られています。

ずっしりと重いです。八切れほど入っていました。

市松模様が崩壊ぎみですが、お味は正規品と同じです。さっぱりとしたバタークリームでとっても懐かしい。ちなみに、ホンモノさんはこちら。

今度こそ、バームクーヘンを買いに行かなくちゃ! (袋に入っていて、けっこうきれいなカットでした。)けれど・・・ロールケーキというのもあって、すごく美味しそうでした♡ 次回もどうなることか? (また、悪魔の子を連れてかえってくるかも!笑)

 

 

気づきの日記「一日に何度もしりぞいて見る」

Q: 問題にはまってこころが動揺しているとき、なにをしたらよいでしょうか?

A: ただ、じっと「しりぞく」ことがオススメです。

「しりぞく」って、なんだかシッポを丸めて退散しているみたいで敗北感いっぱいな感じ?(笑)

「しりぞく」とは、いったん流れをリセットするために大切なことなのです。

問題に直面したときに私たちがやりがちなのは、あれこれ動きまわること。その状況を変えるために、せっせと外側をコントロールしようとします。

なにかに働きかけたり、誰かに指図したり、不満を言ったり、何かを手に入れようとしたり、ある行動を起こしたり・・・。

じつは、この外側にむかってあれこれすることが、問題を解消せずにキープしておくためのエゴの戦略です。

なぜなら、外側をあれこれしても結局、思うようにいくことはないので挫折を感じ、それにより自分の非力さが強まり、より外側のなにかに依存するようになるからです。

なにかに頼れば頼るほど、自分は小さく非力になります。より怖れを感じるようになります。

エゴはすぐに、「ほらほら、自分でどうにかしないと、どんどんひどくなっちゃうよ!これを野放しにしておいていいのかい?」とけしかけてきます。「何か行動を起こしてこそ変えられるぞ!」と。

でも、これはまさしく「問題が存在していて、それは自分よりもパワーがある」ということを受けいれたことであり、「問題が問題として認められ、注意を注いで大切にしている」状態なので、問題を維持する力を与えてしまうのです。

問題はすでにハイヤーセルフによって解決されています!!ジャジャーン☆☆(・・・ ってことはなにもする必要がないってことです!)

でも、「問題を重要視」することで、「問題がある」ことをリアルにして、解決を受けとる態勢ではなくなってしまうのです。そして、問題との格闘にむかわされます。

私たちは何でもあると思えば「見ること」ができる力があります。自分があると思っているもののみを見ます。

だから問題が見えるときでさえも、いったん落ち着きます。そして、「これは私が間違っていたにちがいない」と認めて、「すでに解決がある!」という方にすぐこころを向けなければせっかくの解決をのがしてしまいます。

ハイヤーセルフがそこにおいておいてくれた解決を受けとるために、いったん動揺をおさめて静まる必要があります。それが「しりぞく」ということ、答えを受けとろうとする姿勢です。

そのためには、問題があることに気づいたら、「ガン見しつづけないで、すぐに解決があることに気づいて、問題はスルーして、正しい方向をむく」ということなのです。

「私が見ているのは、そこにはないもの、すでに取り消されているもの」と気づいて、反応しまくるのをやめます。そして、すぐにハイヤーセルフの方をむいて、

「ないはずのものを見ている私の知覚を訂正してください」とお願いします。

必要なのはこれだけです。あとは問題にエネルギーを注がないことで、それがただ消え去ってゆくにまかせます(抵抗さえしなければ、それは去り、贈りものがあらわれます)。

そして、ハイヤーセルフがそこに置いておいた解決を受けとります。

もし、なにか実際の行動が必要なときには、この段階でしっかりと教えられます。

見えているものはこころのイメージなので、こころを整える以上のことは必要としません。

怖れを信じていてこころに怖れがあれば、それがあらゆるバージョンの怖れのストーリーを紡ぎだします。こころが安らぎと愛に満たされていれば、それは安らかさと愛のストーリーを紡いでくれます。

自分でストーリー展開をつくりあげる必要はないのです。ただ「問題がある」と言いはる思いをどけてあげるだけでよいのです。

問題の解決 = 安らぎの状態なので、その状態にこころをチューニングすることが大切です。

こころはすぐに怖れにとらわれて、状況をいじくりまわすことに固執するからです。

でも、そこで感じている怖れとその問題は、ほんとうはまったくの別物です。怖れはそれに関するものではありません。

解決とは安らかなである状態なので、ただ静かにして、安心のなかにひたってみます。

そのときのイメージとしては、

*身体である自分が五歩ぐらい後ろにさがって、背景のなかに溶けこんで、自分が誰であるのかさえも忘れます。
**そして、そこにある光、安らぎ、穏やかさとひとつになって、広がりのなかでくつろぎます。

私たちはつねに、自分のなかにあるものを世界という鏡に映して見ています。身体からしりぞいて、安らかな広がりになって、その安らぎを世界に映し出しましょう。

「内側を整えて、外に映し出す」ことが、自分の世界に平和をもたらすいちばん早い方法なのです。

一日にたびたび、この安らかなスペースを訪れることで、その安らかさが外の世界にもたらされます。そして、そこに置かれていた贈りものに気づき、受けとることができるようにいなります。

その安らかさのうちに自分の身体さえも忘れさられて静かになったとき、世界も自分の安らかさのなかでやさしく静まります。

 

 

「気づきの日記」バックナンバーはこちら: 古川 貴子 ヒプノセラピーカウンセリング

 

【秋のヒーリング 割引キャンペーン 10/10~15 】

古川貴子のブログ、ヒプノセラピー/カウンセリング

ようやく秋らしくなってきましたね。こころと身体の夏のお疲れをヒーリングでリフレッシュしてみませんか?

期間中(10/10〜15 )、リコネクティブ ヒーリングが割引き料金でお受けになれます。

【割引料金】

リコネクティブ ヒーリング(1回) ・・・¥16,000 → ¥15,000
リコネクティブ ヒーリング(3回) ・・・¥46,000 → ¥43,000

 

【キャンペーン期間】 

10月10日(木)〜 15日(火)

*割引は、指定の期間内にヒーリングをお受けになる方に適応されます。
(複数回のセッションにつきましては、期間中にすべてをお受けになる必要はありません。)
*セッション枠がうまりしだい、終了となりますのでご了承ください。

 

【お申し込み方法】

リコネクションページのお申し込みフォームからお申し込みください。
(キャンペーン割引の表記はございませんが、割引は適応されます。)

リコネクティブ ヒーリング
お問い合わせ

 

New お茶どころ 音大カフェ

古川貴子のブログ、ヒプノセラピー/カウンセリング

美容室でお世話になっているNさんは、学芸大学駅にお住まいですがここのあたりにも詳しいのです。

なので、髪を切っていただきながら、あれこれと情報収集。

そのひとつが、「るん」の目と鼻の先にある東京音大の中目黒・代官山キャンパス(今年、開校しました)のカフェ。

音大のなかに一般ピーポーも使えるカフェがあるらしいというのは聞いていたのですが、広々としていてなかなかヨイ雰囲気らしいのです。

それは、DEAN & DELUCA  だそうで(おお!学校に DEAN & DELUCA があるなんてステキ!)、だったらデリもおいしいし、パンもスウィーツもハズレがありません。

お仕事が終わって、さっそく偵察に出かけてきました(出かけるといっても、すぐソコですが・笑)。

わあ! 窓が大きくて、天井も高くて、光の具合も、テーブルの間隔もヨイ感じです。

緑がみわたせるコーナーで、コーヒーとクランベリーのパウンドケーキをいただいてみました。クランベリーとくるみ、レーズンがざくざく入っていて、酸味と甘味のバランスもとてもよい感じ。濃いめのコーヒーにぴったりです♡

ここだったら二〜三分でこられるので、セッションの合間にも息抜きができそうです♪ (入浸りびたりそうだわ・・・)